2017年10月15日日曜日

松本俊明さんの 「チャリティピアノコンサートVol.2」NPO大阪自殺予防センター主催のお知らせ


12月10日日曜日、NPO大阪自殺予防センター主催の「チャリティピアノコンサートVol.2」が大阪「北御堂津村ホール」で行われるそうです。

と、いきなりなぜそのような話を書いたかと言いますと、このチャリティピアノコンサートに出演される「松本俊明さん」とちょっと知り合いのためです。

僕の働いている会社のオフィスにたまに顔を出してくれて、たまにお昼を一緒に食べてくれるくらいの間柄なので、ちょっと知り合いと書かせてもらいました。

で、「松本俊明さん」って誰?
って皆さん思うと思います。
僕も初めて会ったときそうでした。
でも、どんな人か聞いてビックリしました。

MISIAの「Everything」「忘れない日々」「果てなく続くストーリー」「幸せをフォーエバー」などなどを作曲した方です!

松本さんは「パク・ヨンハさん」など周りで多くの方を自殺でなくしているため、このチャリティコンサートに参加しようと思ったそうです。

本当は松本さんに宛メの説明をして「宛メでも告知しますね!」と話しておきたかったのですが、たまにしかオフィスに来ないし、僕は連絡先を知らないので、とりあえず勝手にお知らせしておこうかと思います。

今度会ったら話そうと思いますが、コンサートが終わった後かもですね・・・。

基本的に宛メでこういうお知らせは載せない(今までそういう機会もなかった)のですが、NPO大阪自殺予防センター主催の「チャリティピアノコンサート」ということと、知り合いが出るということで、宛メでもお知らせをしようと思いました。

このチャリティピアノコンサートは大阪ですので、僕は行けそうにありませんが、宛メにいる皆さんで行けそうな方はぜひ行ってみてください。

松本さんのピアノはとても素敵ですが、お話も面白いです。
すごくはっきり言う人なのでw


2017年9月6日水曜日

8月で宛名のないメールをはじめて10年がたちました!

みなさん、こんばんは。
宛メの管理人です。

さっき「pixivサービス開始10周年の御礼」というメールが来ていて、「あっ!忘れてたw宛メもだ!!」と気がつき、このブログを急いで書いています。
pixivと同じ年にはじめていたのですね!
すごい差がついていますね・・・。
比べても仕方ないのですが・・・。

10年の節目もその程度のものなのね・・・?と思われそうですが、7月くらいまでは8月になったら「10年って言うぞ!」っていつも思っていたのですが、8月が非常に忙しくてすっかり忘れてしまいました。

さて、10年ですが、特にこれといったことがあるわけではありません。
日々宛メについていろいろなことを考え、あれやりたい、これやりたいと思っています。
ですので、10年でも20年でも考えていることは同じなので、特別な事はないのです。

小瓶を読んでいると、「がんばれない」「努力できない」といった小瓶がありますが、僕もまったく同じ人間です。
コツコツ何かを続けること、最後までやりきること、そういうことが本当にできない人間です。
今も何も変わっていないのですが、宛メだけずっと続けることができました。
なぜ出来たのかと言えば、たくさんの人が使ってくれているから怠けられないという責任感や僕の人生の中で唯一の成功(小さな)だから楽しいというのもあります。
そして、少しでもみなさんのお役に立てているというやりがいもあります。

僕は小さな成功ってモチベーションを維持する大事なことだと思いました。
ほんの小さな成功で良いのです。

今日の小瓶数が昨日より増えた!よかった!

たったこれだけで、明日1日はがんばれます。

自分で小さな目標を作って、それを達成することで、1つ成功できます。
それの繰り返しが大きな成功につながるのではないのかなと思います。

努力をつづけられない、やる気がでない、など困っている方は試してみてください。

ぜんぜん10周年と話が変わってしまいましたが、来年の8月までにはもう少し大きな成功を掴めるようにがんばっていきたいと思います。

個人で10年間も毎日サイトを運営しているやつはいないだろ!って勝手に決め付けて、ちょっとだけ自分を褒めてみようと思います。

宛名のないメールが10年間も続いたのは、本当に皆さまのおかげだと思っています。
こんな適当な運営をしている宛メや僕を温かく見守っていただき、ありがとうございます。
これからも宛メをよろしくお願いいたします。

2017年6月29日木曜日

49695通目の小瓶に書いてあった僕のブログについて

皆さん、こんばんは。宛メの管理人です。49695通目の小瓶に過去のブログについて書かれていたので、調べてみました。

宛メのブログがあっちこっち変わっているので、読みづらいですね・・・すいません泣ざっと過去のブログを読んでみて、「ああ、昔の僕はこんなことを言っていたんだ!?」とか「こんな出来事もあったな・・・」としみじみしてしまいました。書き方も随分今と違うなと。

そして見つけたのがこの過去ブログです。多分これだと思うのですが、もしかしたら別の記事かもしれません。ただ、49695通目の小瓶の中で書かれている僕の考えは今でも同じです。

「辛さを比較するのはナンセンス」

です。

あと、

「あなたが何気なく過ごした今日は、昨日死んだ人がどうしても生きたかった明日」
「生きたくても生きられない人がいる」

この言葉も好きではありません。
不幸にも死んでしまった人がいて、その人の無念や辛さはわかりますが、それと比較して自分の辛さを我慢するなんて、本当におかしいです。

20歳で死んでしまった「生きたくて生きられなかった人」に、10歳で死んでしまった「生きたくて生きられなかった人」の話をして、あなたは10年は長く生きれたから良かったね、なんて言うのでしょうか?

こんな比較をしたって切りがないし、誰も幸せにならないと思います。

と、久しぶりにブログを書いてみましたが、また少しずつ書いていきたいなと思います。

2016年8月3日水曜日

著作権違反の動画へのリンクは違法になる場合があります。YouTubeなどの動画へリンクする時は注意してください。

著作権違反の動画へのリンクは違法になる場合があります。

音楽、映画、テレビ番組など録画やコピーを勝手にyoutubeなどにアップすることは違法です。
そして、違法と知りつつ、その動画へのリンクをSNSなどに張り付けることもほう助にあたり、違法になる可能性があります。

・youtubeにアップされているから大丈夫!ではありません。
・youtubeにSNSなどの共有リンクがあるから、自分のfacebookやtwitterなどで共有しても問題ない!ということはありません。
・他の人もやっているから大丈夫!ではありません。

違法なモノコトをインターネット上で広める(リンクを貼る)ことは、ほう助(犯罪の手助け)となる場合がありますので、十分気を付けてください。

今後は宛メでも厳しくチェックしてそういうリンクの可否を判断させていただきます。
運営が許可してもそのリンクが違法と判断された場合は、投稿者さんの責任になりますので、気を付けてください。

違法か合法か判断ができない場合はリンクの掲載はしないようにしてください。

よろしくお願いいたします。

2016年7月12日火曜日

「若者の投票率を上げる、ベストな方法」という記事を読んで。親子の関係としてもこういうの大事だなって思いました。

みなさん、選挙にいきましたか?
ぼくは行きましたが、毎回毎回、自分の入れた人が当選しないのが悲しいです。

「選挙に行かないと駄目だ!」みたいな話しをしたいわけではありません。
ぼく自身、選挙に期待もしていないし、行かなくても良いと思っています。

では、なぜぼくが毎回選挙に行くかというと、面白いからです。
自分の生活がどうのこうのではなく、面白い政治家が面白い政策を実行していくのを見るのが
非常に面白いので、そういう人に投票しています。

ここで言う「面白い」は遊び的面白いではなく、「興味深い」「素晴らしい」という意味です。

政治に限らず、何かすごいことをした人を見たり、応援するのは面白いじゃないですか?
野球のイチロー選手やテニスの錦織選手、バレーボールの宮下選手や歌手の城南海さんとか凄い人を見ているのは楽しいです。
そういうのと同じです。

なので、すごい人を応援するという意味で必ず投票しています。

さて、先日選挙に関する面白い記事を見つけました。

若者の投票率を上げる、ベストな方法

です。

「若者の投票率を上げる方法」ってなかなか難しいなって思っていました。
正直、自分の子どもにうまく説明、説得する自信がありません。
でも、この記事のやり方はすごく素敵だなって思いました。
しかも簡単。

「選挙になったら投票日に家族そろって投票にいくだけ」

最初は子どもも「???」でしょうけど、大きくなるにつれて、
「どこにいく?」
「なぜいく?」
「誰にいれたの?」
といろいろ事が気になってくるでしょうし、「選挙は家族で行くものだ!」みたいな雰囲気にもなるかもしれません。(家族でなくてもよいけれど)

この記事では「習慣」という表現を使っていましたが、なるほど、思い当たることがあります。
ぼくが高校生のときクラスの女の子に「クリスマスはどうするの?」と聞かれました。
状況としてはクリスマス前のある日、学校の昼休みに教室で男女4人で話して時のことです。
ぼくは小さいことからずっと「クリスマスは家族ですごしていた(クリスチャンではありません)」ので、当たり前のように「家族とだよ」と言うと、みんなに笑われました。
その時はなぜ笑われたのか全然わからなかったです。(みなさんはもうわかりますね!泣)

習慣で選挙に行くというのとなんか似ているなと思って思いだしました。

さて、習慣にならなくとも、少なくとも「親は毎回ちゃんと選挙に行っていた」というのを子どもに覚えてもらえるだけで、大成功だと思います。

これは選挙の話しですが、子育てってこういうものじゃないのかなって思ったので、あえてここで書かせてもらいました。

最後に。
ぼくは子どもに「選挙に行け」言うよりも言いたいことがあります。

「国や政治に自分の人生が振り回されないように、どこにいても、どこの国にいても生きていける、スキルを身につけろ」

です。

2016年6月7日火曜日

「子ども食堂」こども無料、大人300円でごはんば食べられる、素敵な場所。宛メでもやろうと思っていました!

みなさん、こんにちは。
宛メの管理人です。

ぼくがずっとずっと前から思っていたこと。
いつか宛メでわんさかお金が稼げるようになったらやろうと思っていたモノを見つけました!

「子ども食堂」
こども無料、大人300円(場所によって違いあり)でごはんが食べれる場所です。

宛名のないメールはインターネットのサービスですが、いつかリアルなサービスをしたいと思っていました。
「宛メ、カフェ」
です。

子どもは無料、大人は有料でごはんを食べることができ、子どもは遊んだり勉強したり、スタッフに相談事をしたりできるお店を作りたいとおもっていました。

いつかは・・・なんて思っていたら本日、「子ども食堂」を見つけまして、「よかったよかった!すでにあるね!」と。
もう44か所あるみたいですね。
すごいなー!

なので、僕は「子ども食堂」を紹介したり、寄付をしたりとそっちの方面からお手伝いしようかな。

2016年3月14日月曜日

言いたいけど言えないこと。それを言うことが出来たらどんなに楽になれるのだとうと思うけど言えない。

こんばんは、宛メの管理人です。

これはぼくの話です。

それ言ったら小言を言われる、文句を言われる、怒られるってことを言うことができません。

だいたい、最終的に言わなくていけない状況になって「今頃・・・言う」みたいな感じでいうことになります。

相手に不快感を出されるのが非常に怖くて、言わなくてはいけないこと、言いたいことが言えないです。

多かれ少なかれ、みんなそういう気持ちはあるとおもいます。

でも、これを言えると言えないのでは、人生は大きく変わるんだろうなって思うんです。

宛メでそれを吐き出しても解決にはならないんです。

言わなくてはいけない相手に、言わなくてはいけないことを言わないと、解決しないんです。

ぼくはもう一生無理でしょうけど、みなさんが宛メで話すってことを経験して、「言わなくていけない人に」「言わなくてはいけないこと」を言えるようになれることを祈っています。

i hope that you can say everything